Gジェネジェネシスの攻略はじめました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 2

本日より、当ブログでは11月22日に発売された、Gジェネジェネシスの攻略もやっていこうと思います。ドッカンバトルだけのブログではなくなったので、ブログ名も変更しました。いいのが思いつかないので、いいブログ名を募集しますので、コメント等で提案していただけたら嬉しいです。

ドッカンバトルももちろんやっているのですが、Gジェネをやってみたらドハマリしてしまいました。私は前作オーバーワールド(以下OW)も結構やったのですが、ここ数年新作が出てなかったので、ガンダムゲー熱はかなり冷め切っていました。今回久しぶりにやってみたところ、「やっぱりGジェネっておもしろい!」ということを再認識したので、このブログでも取り扱うことにしました。ちなみに、私が購入したのはVitaのDL版です。画像を引用する際は、スマホで撮影したものを載せます。

当然、ドッカンバトルの記事もネタが思いついたらどんどん書いていきますので、ご安心を。

最初にまず、「私にとってガンダムとはどういう存在か」を少し語らせてください。

私とガンダムの出会いは、小学生のときに父に「逆襲のシャア」を見せてもらったときでした。もちろん話の内容は全く覚えていません。なんか主人公っぽい人がかっこいいロボットを操縦して「νガンダムは伊達じゃない!」とかいって隕石を押し出そうという無茶なことをして、奇跡を起こして「スゲー!」っていう感じの話だってことは分かりました。しかし、ガンダム作品の奥にある深いテーマになど気づくはずもありません。まだ子供でしたしね。

それでも「ガンダムかっこいい!」と子供心に思ったらしく、それから500円のお小遣いでBB戦士のガンプラを買いました。ガンプラ作りにも夢中になり、家の中は少しずつガンダムで埋め尽くされていきました。映像作品も初代やZ、ZZと逆シャアに向かって進む感じで何年かかけて父にお願いして見せてもらいました。私の少年時代の遊びはドラゴンボールとガンダムがメインでした。

ガンダムに登場する人物の台詞や行動は、私の人生観に大きな影響を与えました。言うならば、ガンダムは私にとって人生のバイブルです。ガンダムに登場する人物の生き様を見て、「こういう人間になりたい」と思ったものです。

Gジェネジェネシスはかつて私が感銘を受けたシーンを呼び起してくれました。あの少年時代の気持ちの高揚を思い出しつつ、Gジェネを楽しんでいます。

(1)Gジェネジェネシスについて

さあ、早速Gジェネジェネシス(以下GGG)を攻略していこうと思います。まずはこのゲームを攻略していく上での簡単な基本情報から。

GGGはGジェネポータブル以来の「原作追体験型」のゲームです。つまり、ガンダムシリーズの原作を追体験しながらステージをクリアしていくものですね。これがいいんですよ!これこそまさに私が夢中になってやったGジェネ!原作ファンなら、様々な名シーンをゲームで体験していきたいと思うはずです。

ステージの内容は前作OWと大きく違いますが、基本システムは同じです。原作再現した各ステージに自分だけのオリジナル部隊を参加させ、機体やパイロットを育て、強化したり、違う機体に開発したりし、オリジナル部隊を強化していきます。

(2)いざゲームスタート!

Newゲームでゲームを開始すると、トップメニューが表示されます。このメニューが全ての基本となります。主に使っていくメニューは、「メインステージ」と「編成」(「もちろん「セーブ・ロード」も)です。「メインステージ」から挑戦したいステージを選ぶことができます。「編成」は、自軍を強化していくために使います。

dsc_0117

デフォルトでチームが組まれていますが、いきなりCAPITAL(お金)が50000もあり、Gジェネオリジナルキャラは全員所持している状態から始められるので、ステージ攻略の前にメンバーを編成しなおしました。

dsc_0123

今回は、戦艦クルー・パイロット含めて全て女性縛りでチームを作ってみました!マスターユニットのキリシマさんが乗っているのは、DL版特典のフェニックス・ゼロワンです。最初から持っている機体の中では一番強いです。残りは毎作おなじみのトルネードガンダムとフェニックス・ゼロです。

(3)ステージ選択

ステージは好きな作品全てから選べます。別に最初に初代ではなく、逆シャアからはじめたり、最新作のUCからはじめることだって可能です。しかし、私は初代からやっていこうと思います。1作目のGジェネのように、本当に宇宙世紀を最初から追体験したいのです。

ちなみに、最初に初代を選択したからといって、そのまま初代をずっとプレイしなければならないわけではありません。初代の1面をクリアしたら、次はポケ戦の1面というように、自由にステージを選べます。もちろん、簡単なステージを何度もクリアして戦力の底上げをすることだって可能です。通称「道場」と呼ばれるステージですね。

初代の1つ目のステージはかの有名な「ガンダム、大地に立つ」です。

ステージを選ぶと、難易度が選択できます。難易度はNOMAL、HARD、EXTRAの3種類です。とりあえず、NOMALをクリアしたあとにEXTRAをやってみたのですが、かなり難易度が違いました。HARDはそこまでNOMALよりも特段難しいという感じではなかったです。この難易度の変化による違いについては、今後記事にしていく予定です。

ステージをどんな難易度でも1回クリアすると、このステージで取得することができる機体の一覧が以下のように表示されます。

dsc_0130

これらの機体を手に入れる方法は2種類です。

①自分の仲間の機体は、ステージ中にその機体で敵を破壊するとGETゲージが増える。このゲージをクリアまでに最大までためると、その機体を生産リストに加えることができる。

②敵の機体は、戦艦に搭載されている機体と、一定の条件を満たしたときにだけ出現するUnknownチームのリーダー以外の機体を捕獲することで手に入ります。それぞれの機体は、敵に戦艦から出撃させ、その機体を残して戦艦を破壊すること、Unknownチームのリーダーを破壊することで捕獲可能になります。

このステージでは右端から1・2番目のザクが捕獲、残りの機体はGETゲージによって手に入れることができます。

ガンダムが欲しかったのですが、GETゲージがギリギリ最大までたまりませんでした。結構自軍でも敵を倒してしまったので、そのせいです。このステージは最初ということもあり敵も少ないので、戦艦搭載機も含め、ほぼ全ての敵をガンダムで倒すくらいでないとGETゲージは最大にできないと思います。ちなみに、GETゲージは次回プレイの時に持越しということはできず、MAXにできなければ次の挑戦はまたゼロからのスタートです。

とりあえず、2種類のザクを入手してこのステージを終えました。

ステージをクリアすると報酬のCAPITALと、各パイロットにACEポイントが入ります。入るポイントの大きさは撃墜数の順位によって異なり、撃墜数1~3位の順に多めにもらえ、残りは皆一律20ポイントです。このACEポイントは編成のときにしようすることでキャラクターの能力やアビリティを強化できます。

1面からさっそく、シャアの「認めたくないものだな・・・(以下略)」や「通常の3倍のスピードです!」「相手がザクなら人間じゃないんだ!僕だって!」というような怒涛の名台詞ラッシュが見られて非常にテンションが上がりました。初代はほとんどのシーンが有名なので、やりがいがあります。ステージの冒頭では、「人類が増えすぎた人口を・・・(以下略)」という原作でもお決まりのナレーションが入り、さらに気分を高めてくれました。

というわけで、かなりGGG楽しんじゃってます。ガンダム好き、特に宇宙世紀好きなら、買わない理由はないですよ!

今後の攻略では、私の見つけたMSの開発情報や設計情報を載せていこうと思います。GGGでも、見る方に役立つ情報を提供することを心掛けていきます。

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする